【バストアップ方法】黄な粉の効き目が弱いからこそメリットがある?

黄な粉の効き目が弱いからこそメリットがある?!

 

 

 

知っているかもしれませんが黄な粉は大豆を原材料でつくられていて、
これに含まれる大豆イソフラボンが大事な成分です。

 

黄な粉にバストアップ効果が期待できるのは、この大豆イソフラボンを含む大豆からできてるからです。

 

これは大豆の胚芽に含まれている15種のポリフェノールの総称で、他の食材にはない大豆特有成分です。

 

この成分は女性ホルモンの1種のエストロゲンと似てる構造をしています。

 

ホルモン分泌の活性化を促してくれる作用があるので、
生理周期や妊娠などという女性特有の体の変化に大きな影響を与えるものです。

 

 

そして、大豆イソフラボン効果は本物のホルモンのエストロゲンより弱いです。

 

ですが、人の体はとても微量のホルモンで大きく変化して、
外部からホルモンと同じ作用がある成分摂取するなら効き目が強すぎないぐらいが良いんですね。

 

 

また、大豆に期待できることはバストアップ以外に美肌効果やアンチエイジング効果もあります。

 

そして大豆はバストアップに必要なたんぱく質、脂質など豊富で、
わざわざほかの食材で足らない成分を補う必要がありません。

 

さらに、酸素や栄養が体にスムーズにいきわたるようサポートしてくれる作用もあるので、
皮膚を保護してくれるレシチンという成分がお肌をダメージから守ってきれいを保ってくれます。

 

大豆イソフラボンの作用は、バスト以外にもハリや潤いのある女性らしい体をキープしてくれます。

 

また、ビタミンEのシミ予防効果や大豆サポニン抗酸化作用も加わって、
アンチエイジング効果を高くしてくれます。

 

大豆に多く含まれてるカリウムは、体内の余分な塩分排出を促してむくみ解消してくれます。

 

バストアップ以外にこうした多くの美容効果をもってる大豆は、美容食材と言ってもいいですね。

 

大豆製品は納豆やみそなどいろいろなものがあり、
その中で黄な粉がおすすめなのは、消化吸収が良く低コストで使い勝手も良いことです。

 

 

ただし、黄な粉を食べれば翌日バストアップということはなく、
食品から得る栄養効果が目に見えて出るまでには数か月から数年かかるとされます。

 

さらに、確実に効果を得るには毎日継続的に摂取していくことが大切です。

 

大豆イソフラボン摂取目安量は1日75mgです。

 

黄な粉で換算すると毎日大さじ8杯程度とかなり多く感じられるかもしれませんが、
これは納豆や豆乳などと一緒に毎日必要量とりいれようとすれば意外と摂取できますよ。

 

 

黄な粉の過剰摂取には注意する

 

黄な粉を毎日しっかり必要量とりいれようとすれば、おやつやドリンクだけでは飽きますよね。

 

そこで、試してもらいたいのは黄な粉を料理の調味料として使うことです。

 

市販のドレッシングに混ぜたり、炒め物の味付けにプラスしたり、手軽に取り入れてみます。

 

特にドレッシングは混ぜてサラダにかけると、とても簡単で美味しいのですぐとりいれられるでしょう。

 

さらに、お酢やマヨネーズなどと混ぜてオリジナルドレッシングを作ってみてもいいですね。

 

 

黄な粉は独自の香ばしさと風味があるので和食との相性も抜群ですし、
さらに塩分などは含まれておらずヘルシーに風味だけ増すことが可能です。

 

そして、バストアップ効果がある他の食材と黄な粉を組み合わせることも大切です。

 

黄な粉を利用したサラダやあえ物の具材として取り入れていくことにより、
バストアップに必要なものを効率よくとりいれられます。

 

黄な粉はバナナやヨーグルトなどにかけるのはもちろん、料理に使ってもいいものですよ。

 

 

ただし、摂取することにより多くのメリットがありますが過剰摂取をするとリスクもあります。

 

ホルモンバランスが崩れて生理周期に影響を与えたり、
継続した摂取で大豆アレルギーが起きてしまうこともないとは限りません。

 

また、大豆イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンと同じような働きをして、
過剰摂取をしてしまうとホルモンバランスを乱れさせることがあります。

 

 

バストアップ効果が期待できる一方で、体に確実に影響を与えていく成分ということもお忘れなく。

 

食品より効果があるからとサプリで摂る方もいますが、過剰摂取のリスクを知っておきましょう。

 

 

黄な粉は意外に高カロリーなもので、大さじ1杯で約35キロカロリーあって、
1日に必要な大さじ8杯の摂取で約300キロカロリーになります。

 

すぐバストアップ効果が出てもらいたいという一心で過剰摂取を続けたら、
バスト以外にボディ全体サイズアップしてしまいかねないです。

 

遅延型アレルギー症状として、じんましんや湿疹などがあって、
症状が出るまで数時間から48時間かかって食品アレルギーに気付きにくいこともあるそうです。

 

万が一、黄な粉を摂取するようになって体調に異常が出た場合は医師に相談しましょう。

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

 

 

【みんなが知りたい!】胸を大きくするために必要な3つの事とは?!